今まで翻訳にかかっていたコストの削減

無料でもできるwebサイト翻訳

webサイトの情報を日本語にして社員に簡単に理解できるようにしたり、日本語で作ったwebサイトの内容を海外に発信するために他国語に翻訳したりするのにはコストがかかりがちです。外部に発注していると膨大な量になったときには費用がかさんでしまいがちですが、webサイト翻訳は少し努力をすれば無料でも行うことができます。無料で使用できる翻訳サイトを活用できるようになっているからです。翻訳したい文章をコピーアンドペーストして実行するだけで良いので簡単な方法でしょう。ただ、完璧な形で翻訳してくれるわけではありません。また、webサイトをそのままwebサイトとして使える形で訳すこともできないので一手間はかかります。

クラウドソーシングも活用しよう

このサイトを多言語のサイトに翻訳したいという場合には、社内の人材でできないならやはり外注することが必要です。その際に役に立つのシステムとしてクラウドソーシングがあります。プロの業者に発注するのに比べると低コストでできる場合が多いのがクラウドソーシングの魅力です。案件の詳細を書いた募集依頼を作って公募し、応募してくれた人の中から正式な発注先を決めて仕事をしてもらうという形になります。フリーランスをしている人や副業をしている人が翻訳してくれる場合が多いので、プロに頼むよりも安く発注しても担い手が見つかるでしょう。クラウドソーシングはいつでも気軽に発注できて納期も自由に設定できるので便利な方法です。